読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冷えた夏みかん

日々妄想、問答。

イントネーションの違いで悩む

私は、三年ほど大阪に居たわけですが、只今故郷に帰ってきており、事イントネーションの違いで悩んでおります。

 

こちらは、したった、してやった、あちらは、してあげた、しはった。

 

商店街の昔懐かしいガラガラがあったので、福引券貰うにはどうしたらいいですか、と聞くと、この商店街で二千円以上買い物したらもらえますよ、と御店のご婦人二人に教えて頂き、「またしてやって下さい」と言われたのですが、私はこの言葉を、「私がしてやる立場」として言われている、と思い、咄嗟に「いえいえ」滅相もない、と返してしまいました。

 

御店の人はびっくりしたでしょうね、この礼儀知らずは何もんや!と。

 

お城見てきました。

 

うん、観光客が増えて、いい感じ。現地のご夫婦が二人でウォーキングを頑張っておられたので、「こんにちは」とそれぞれ挨拶しました。

 

私のなー、偉そうな口調は多分この土地の訛りだ。

トホホ、生まれついたもんはしゃーないでしょう。

 

でも、直さなきゃな。

 

私は居住まいを正す心境にて、今日の誉日を覚えておきます。

 

事、この街に住まれるなら、城下町なので堤防にはご注意を。

住んでみて一年経てばわかりますよ(うんうん。

 

では、三、四年単位で私たちは頑張ります。

 

三年後、如何に父の土地が最良物件であったか、思い知るが良い!

 

早くて二年かな?

 

二年後に、この街で会おう!

なんてな。

 

では。