読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冷えた夏みかん

日々妄想、問答。

避けられない現実について、思うこと

ほのぼのと、受け入れようと思いました。

 

どうしようもないことはどうしようもない。それなら受け取り方はどんな風でもいいはずだ。

こう、私の不幸を願う人がいるとして、その人には別に特になることも無いのに暇だなーと思う訳であって、メリットもデメリットも被るのは私自身だ。

 

どうせなら楽しく行きたいじゃないか。

 

勉強も好きなように出来るし、好きなものを好きなように出来る環境もある。

何を恐れることがあるのだ。

怖いのは死に向かう本人だ。私はなんら辛いことなどない。あの子が選んだ道だ、とことんまで行けばよい。

 

今日は「もしも」日本史がこうだったらという鈴木旭氏の本を読んでました。

昔は歴史が大好きで、すっと頭に入って来たんですがねー、最近やってた簿記の勉強の方が何倍も面白いです。形になりやすいからね。

自分自身を狭めるのは自分自身だ。そのことさえわかってりゃ良い。

 

難しいことは出来ずとも、楽しい事なら見つけられる。

 

ま、大丈夫でしょ。

では。