読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冷えた夏みかん

日々妄想、問答。

恩を仇で返してしまう

私事ですが、私は昔、自分で言うのも何ですが壮絶な経験をしたせいで、すぐに相手の善意もシラけた目で見てしまい、こう言ってはなんですが、恩を仇で返してしまいがちです。

 

いかんなー、どうしても、あかんなー。

 

どうにか気持ちをリセットせねば。天から引っ張らえるような、何かこう自然と自分を導いてくれる力のようなものが必要だ。

 

山でも拝みに行こうか。いや、それより城に登ろうか。

 

どちらにせよ、私の脳は最近後退気味。

すぐ恨みに取っては僻むので、どうにかなりたまえよと本を読もうか、と思っております。

上杉鷹山公の漆の実実る国を読もうか。

まあ、身体を遊ばせておくなと脳から指令が出ているのでしょう。

 

編み物をしていると途端こうなった。

単に疲れただけなんでしょうか。

 

それより、昨日は御殿にお呼ばれしました。

 

此処に至るまで紆余屈折あり、私は良き出会いをした訳ですが、悲しい因果も有りて、それはカクヨムにて書かせていただきました。

 

とりあえず、色んな見方があると思える昨日だったので、公の場に書くのは止しておきます。

 

しかしDVDを借りられたのは良かった。

私の好きな古い映画が沢山ありました。

最初はちょっと遠慮して少し、と言っても沢山借りてきました。

任侠物が多いですね。流石な御仁です。

 

所詮真面目っぽな私なので、非常に気を使ったのですが、母は「あれでオッケー」と花丸をくれました。

 

その夜、犬をお風呂に入れていたら、なんだか遊びすら許されないのではないかという気持ちになり、寝る前に非常に寂しくなったので、犬を求めて降りてきたらそこで寝ることになり、「ただただ、自分勝手だ」と自分に感想を持ち、改めて私という人間を知りました。

 

もっと周りを見ないと。気を使うなら本当に。

 

今までが今までだったからねー、でも、自分勝手は良くない。

 

元気なの結構、でも人の気持ちを知れなきゃ何にも意味ない。

 

私の気持ちを推し量ってくれた人が、一人でもいたのかい?と聞きたくもなりますが、そりゃいただろうさ、こんなに沢山いるんだもの、と思いました。

 

私はとにかく、自分勝手です。

だから世に憚るなんてことは死ぬまで無いし、人の気持ちもわからなきゃ意味ない周りがまた調子こいて言うだろうと思いますが、書きます。

 

人の気持ちわからなきゃ調子良かろうが意味ない。

 

人の気持ちを無視する現代だけど、少なくとも私より人と関わってる。

 

私はこういう病ですが、人情をもう少し知ったほうが良い。

 

今回は勉強になりました。

では。