読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冷えた夏みかん

日々妄想、問答。

たかが二年、されど二年、か。

父の残された労働期間である。

 

たかが後二年、されど二年。何も無しには長すぎて、父は遊びも知っているが、仕事に真面目なのでどうしても義理立て出来ない現状で、この街を出歩いて遊ぶということだけは出来ないと考えている。

 

真面目なんだよなー。だからって太りすぎるのは間違っている。少しは運動したまえよ。

そんなことを思う私は、面白すぎる父を横目に見ながら、とりあえず傍にいられる幸せかな、と考えている。

 

とりあえず後二年だ。

なんとか持ちこたえて見せようじゃないか。

 

車を手放すことにならないように、適度に収入などあればいいなと思う。

私達は既に贅沢は諦めている。健康であれることの幸せを噛みしめる毎日だ。

 

とにかく、日々はスタートした。

これからゴールに向けて、父をサポートし、健康的に老後を迎えられるように努めよう。

どうか、父への視線をもう少し優しいものにして頂きたいと、そう願う。