読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冷えた夏みかん

日々妄想、問答。

苦界を生きる

春の日の昼頃、私は自由な身ですが、己を律する気持ちになり、また一人で己と向き合っています。

 

今までが今までだったので、皆許してくれてるのかもしれない。情け無いこの身を思えば世間に顔向けできませんが、ただひたすら周りの方々は優しい。

 

私は、あまり出世してはいけない。

 

世を儚んで文でも書いてると良い。とにかく今は静かにしています。

 

あちらにも苦しみ、こちらにも悲しみ。沢山あって、途切れがない。

 

その上に立ってこその幸せであると忘れてはいけない。案外気楽にしていて良いのかもしれないけど、私は忘れたくない。

だから今日の幸せを守れるのだ。

 

身の回りの人を大切にしたい。そう思う昼下がり。

 

では。