読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冷えた夏みかん

日々妄想、問答。

幸せになるということ

まだ、家族が足りていない。

 

兄だ、兄が欠けている。

 

兄は不規則な生活を送りつつ、経験と知識を積んで頑張っているが、帰宅はいつになるだろう。

彼の体がダウンしないか非常に心配だ。

 

最近ようやく母が塞ぎの虫から解放されて、夜に二人で歩いている。

 

地元のスーパーに入り、犬を撫で、城に登り桜を見た。

 

こんな普通が今まで無かった。只々寂しく憎み合う関係だった。

 

ようやく普通にお金なんかいらない、健康さえあれば、と幸福を感じる我々に、まだ魔の手は忍び寄る。

 

信号などで止まると、必ず私の方に近づいて唾を吐きかけたりする輩がいるのだ。

 

私は今日も黙っていた。

悲しい人は悲しいし、憎しみを抱いている人はそれなりに地獄を見ている。

 

私は最早この身に覚えの無い罪の擦りつけに慣れ、静観と諦め、無視を覚えた。

 

それからかつてアメブロにて交流のあった彼女のことを考えた。

 

あの人こそ幸せを掴む筈だったのに、神様のいたずらで苦しみを見ている。

 

日々忘れることの出来ない人こそ、幸せの真価を問いかけ続ける。

 今私は、この幸せを受けるに値する人間であれるか?

 

少なくとも、また少し経てば一人ぼっちだ。そんな人生。

さよならだけかね、人生とは。

 

桜に問いかける四月。