読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冷えた夏みかん

日々妄想、問答。

婆ちゃんが生きてるのかわからない

今朝は婆ちゃん遅起きで、今も寝ている。

 

私は死んでんじゃなかろうかと気が気じゃないのだが、母たちはいつも通りのライフスタイルを送ろうとしている。

 

死について、考えてみた。

 

私がもし死ぬことになったら、後悔するのは勉強じゃなくて、読みかけの本の結末だ。

勉強なんかを頑張るのは、生きている内に出来ることである。生きている者の特権である。

 

私は然らば考え、そして決めた。

 

小説を読みまくろう。一日も無駄にせず読みまくろう。

それから小説を書こう。

現在カクヨムにて発散の如く書いているが、あれもなかなか読めるらしい。

まあね、面白い部分集めて書いてるからね。

 

とりあえず、騎士団長殺しを読み解き、それから1Q84を読んで、脱ハルキスト計画を練ります。

 

最早私にできるのは、人間性を整えることのみ。

 

ああ、婆ちゃん生きてました。

良かった良かった。

今日も婆ちゃんのいる日常が、始まる。