読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冷えた夏みかん

日々妄想、問答。

でも、結局は生きていけるし

誰かがいなくなっても、例えば誰かが欠けたとしても、生きていく力が強ければ生きていけるし、今更何の不安もない。

 

あるとしたなら、それは子供だ。

 

退屈でも生きていくのが生活であるのだし、死んじゃった人は案外四六時中一緒にいてくれて安心だ。

 

私の世界観がおかしいのだろうか?

 

少なくとも寂しくはならない。例え誰かが死んでしまっても。

 

くさいけど、胸の中で生き続けるって本当だ。

 

上手な小説とか面白い漫画とか、アナログなものが案外生かしてくれる。

いつでも街に出られたなら、それこそ本望だ。

あああの人は今日も元気だなと安心してもらえるじゃないか。

 

ジャージだからって侮る勿れ。こちとら運動中だ。生命活動現在進行形だ。

 

そんなこんなで日々は続く。

 

音楽は映画のサントラだけでいい。