読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冷えた夏みかん

日々妄想、問答。

身を引くことが出来たなら

この身を簡単に人のために引くことが出来たなら、それほど誉高いことは無く、誰からも好かれることもないだろう。

 

私は、昼間一つの間違いを犯した。

 

お住いはどちらに、と聞き、けして学歴の話などしてはいけないと思いながらも、つい高校も通信で出たもので物事を知らない、とまた言い訳してしまった。

ネガティブキャンペーンをしてしまったのだ。

相手はびっくりしただろう。何故自分にこのようなことを話すのかと。

 

私も今思えばくだらないことを話したし、沢山してしまったなぁと反省している。

私はどうにも、自己中心的であるからいけない。社会的ルールが欠如している。

これでは駄目だ。しかし馬鹿なのは最早直しようがない。

別に社会的に馬鹿にされることはどうでもいい。しかし相手の気に障ることや迷惑を掛けることがあってはならないと考えつつ、どうにも熟慮が足りないのだ。

 

然らば来年から、ちゃんと考えて物事を話すようにしたいと思う。

全然仕事は出来ないが、自分の興味あることには一途になる。それなのだろうか。

しかし5歳で受ける検診にも引っかからなかったし、要するにめんどくさがって勉強しないし、社会的ルールを学ばない点がいけないのだと思う。

 

しかし不思議なのだが、何故皆隣の人と同じことばかり言うのだろう?

 

テレビを見ていて、普通につまらないことに驚く。昔はもっと面白かったのに、何をそんなにびくびくしているのだ?

 

とりあえず、すき家への終活メールが送信完了した。

働けるだろうか?わからない。

 

とりあえずは頑張らなければ。とりあえず、とりあえずだ。

とりあえずで行きましょう。

 

では。