読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冷えた夏みかん

日々妄想、問答。

綺麗なこの街を、撮りたいと思った

写真をアップロードしようと思ったのですが、出来ずU。

 

何度もリトライになるので、諦めました。

 

城下町の写真、城、橋、欄干から見渡す青空と広がる城下町、河原から見晴らす土手。

人の行く堤防の上、コンクリに足跡の残る坂道、猫がいつもご飯食べてる皿、今日は誰も居なかったな。静かに置かれた皿の餌。

 

寄せ植えのしてある植木鉢。冬の花シクラメンが咲いていた。

写真撮らせていただいてもいいですかと聞いた御店の人が、不思議そうに「まあ良いですよ」とにこりと笑っていた。

みかんを撮った、大根を撮った、雪駄履いた爺ちゃんに雪駄撮っていいですかって聞いたら、すぐ近くだからだよ〜と笑われた笑。

 

お金儲けは諦めようと思った。しみじみ思った。

願いを一つだけ叶えてくださるお地蔵様のところで、火を貸して頂いた。

お嬢さん、信心深そうなこの街特有の美人。にこりと笑ってマッチを貸してくださった。

ちょうど行き会った身の上、何かお願いごとがあったのだろうか。

 

家族の健康のみ祈った。

 

お城の入場料は少し値下がりしていた。子供100円とのこと。非常に良いことだと思った。

 

川の中で、作業してらっしゃる方々が、もう助けたはずだぞ!と声を掛けられ、はい、その通りですね!と返したかった。

 

出来るのは返事のみ。

 

起立!礼!

 

この度はありがとうございました。これからも私達家族の健康をお守り下さい、よろしくお願いいたします!

 

山を鑑みて、偉くなりたいと思うから人はダメさ、と思った。

 

父の保険、見直そう。

 

ただ生きていける。それだけでいい。

では。