読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冷えた夏みかん

日々妄想、問答。

喧嘩なんか、やめやめ!体力の無駄遣い。

さて。

 

私たちには表現するという共通する能力があるわけですが、ここでクイズ。

 

良い表現を続ければ、どうなる?

悪い表現を続ければ、どうなる?

 

答えは二択です。

 

それはあなた方の心のなかでのみつぶやいて下さい。

 

今日、新規読者様が増えました。

彼はなんだか疲れてそうな日常を送っており、私は「ああ、ここにも悪意の種がまかれたのか」と若干気の毒に思ってから、この文を発信することにしました。

 

パソコンもスマホも置いて、300円持って外に出なよ。

私は今日も、弟連れて500円だけ持って鄙びた田舎のデパート行って、弟のせいで煙たがられながらも彼の気に入ったマグカップ買って、「へらへらへらへらしてたらな、そのうち本当に死んでまうで」と忠告して、調子に乗っていた奴を凹ませて帰らせました。一人で。

 

それから駅前のパン屋に行って、祖母にピザパンを一つ買って、案外塩対応なそこの心が貧しいのを目にしながら、そしてパンが、お客さんが来ていたので自分で食べたのだけど、とても冷たくて硬いのを見て、「やっぱり田舎の俄リッチじゃダメだな」と思いながら食べました。

 

この街はね、心遣いがなってない。障害者にも一人の人にも厳しくて、塩対応ばかり。

福祉も行き届いてない。弟を見て彼らが何をしたと思う?

 

企んだんだよ、奴を貶める方法を。

 

走って上の者に伝えに行く田舎者の、如何に狡猾に醜くこの目に映ったことか。

幸せを壊されるのはだれだって嫌だろう。でもね、誰にだって心はあるんだ。その道徳観が成ってないくせに気取るとは大した度胸だ。

 

どこに出しても恥ずかしい、これが私がかつて逃げ出し、戻ってきた街です。

 

でも意外と田舎らしく綺麗なもんだから、愛さずにはいられないんだよなあ。

好みなんです、風景が。たまに出会える話の分かる方が。

私は弟をほのぼの出来る場所に連れ出すのみ。

 

300円あれば、コーヒーとなんかコロッケとか買えるでしょ。

どっか落ち着けるとこで風景見ながら木枯らしに吹かれて食べなよ。

その写真をアップしてみたら、一人楽しすぎる日常の出来上がり。

 

ぽくぽくぽくぽく、とりあえず周りの風景に興味持ってみることだね。

そうじゃない何かの復讐なら、止めときな。体力の無駄だよ。むーだ。無駄。

 

あなたの若い時期は限られていて、こんなことに時間を使っていたらあっという間に中年だよ。終わっちゃうよ、青春が。

早いとこ引き返しな。

落ち着いて自分のブログよく見てみな、血まみれじゃないか?

誰の血かって、あなたの血だよ。心の傷付いた血。傷付けた方じゃないよ。

 

案外ね、世の中って冷たくて、だーれも相手してくれないから、一人でうじうじしてたら本当に時間なくなっちゃうよ。遊べる時間を大切に。

 

本を読めとは言わない。ただ、ゆったり過ごしてみたら、なんか変わるんじゃない?

それじゃあね。