読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冷えた夏みかん

日々妄想、問答。

表現の仕方を間違えてました。

私は前にツイッターで塩対応を受け、相手をうつ病なのか?と書いたことがあったのですが、そのせいで多くの方に不快な思いをさせてしまったこと、心よりお詫びします。

 

ごめんなさい。

 

私はまあ、健康になるツボを抑えているのでこう元気でいられるだけで、ただ今日みたいに病のせいで妄想が出て人と喧嘩してしまうことはあるし、少し写真を撮ってる人を見るだけで怖いし、本当は全然、なんの能力もないただの障害年金受給者です。

 

それを擁護するみたいに、統合失調症のことをかっこいいみたいに書いて、うつ病の人を見下すようなことを書いて、本当にすみませんでした。

 

傷ついた方おられるでしょう。腹が立った方も。

私はほんと、死ねだ。

きっと死んだ方がいい人間なんだと思うけど、家族がいるから死ねないし、自分から死ぬのは怖くてできないし、生きてる間良い思いもしたい。

私が特殊なんじゃない、人生がただ大変だったというだけだ。人より苦労して病気になって、いわゆるメンヘラの比較的健康なだけの人間です。

 

鬱病の人は、頑張って頑張って頑張った末にそういう病に掛かったのだろうし、私は生まれつき不幸にも統合失調症になる運命だった、それだけ。

それだけだ。

 

多くの人に助けられてる。

私が余計な口を利いていらんことを書くからトラブルが起きてる。無知とは罪なり。

病気の大変さ、わかっているつもりです。かつては私もそうだったから。

 

ただ、健康管理のコツを覚えて元気でいるだけ。本当は怖いもの沢山あるし、同じ病気の人には嫌われるし、鼻高の嫌味な奴だ。

プライドはそのくせ高くて、そして腰を折る方法も知っている。ぶりっこだと言われて当然の文面だし、実際のところ私が手にしたものなんて何もない。何一つ。

 

ただ、頑丈に出来てるから暇が過ぎると身体を動かしたくて掃き掃除やらなんだか偉くなれるものを頑張って、全部生き方上手な祖母の真似。

こんな薄汚い奴に、それでも「綺麗にしてくれてありがとう」と近所の方はお礼を言ってくれるし、私はへこへこするのが上手くて自分でも気づかない内にへり下ったりしている。

最早、癖だ。

 

所詮私も人間だ。卑しい。こんな風に取り繕ったところで見ている人は見ているし、無償の精神と言ったって金が無い、ただそれだけの話だ。

 

人間どっか汚い。それが良い結果をもたらす事を計算してやってしまう。

 

私は世の中が怖いのだ。頭を低くしていないとどこかにぶち当たると、戦々恐々としているだけのへっぴり腰。

この文章は私が今まで読んできた作家から学んだ上で訓練して得た集大成なので、感性で書いているものを書き方を変えろ、と言われてもなかなか出来ない。それは文を書いている本人には難しい。

 

うん、きっとぶりっこだ。

 

だから私の味方は永遠に出来ないだろうし、それでも周りは私が過去に傷つけられたのを知っているから助けてくれる。

最早平凡な人生、しかし平凡以下の人生。波乱万丈なのだ。

ただこれだけは言わせてほしい。

 

私にも、人に傷つけられた過去はあったのだ。それを耐えて耐えて、なんとか死なずに生きてきて、でも3回ほど自殺未遂は犯している。

それでも生きていていいよと周りが言ってくれたから、私は弟を絶対助けるし、もう絶対に揉め事は起こしたくない。

 

それでも、ある日突然爆発するのだ。誰かの心ない言葉が積もってしまい、私はある日たまに壊れてしまう。

それも受け入れた上でこの家族は回ってる。けして幸せに満たされてはいない。私は私が怖い時もある。

 

今日起こった揉め事はそんなことの一つ。

誰も何もしていない。ただ、私が弱いだけだ。

 

そうして平気なフリしてまだ幸せを延長させようとする。している。現在進行形で。

そうでもしないとやりきれないのだ。

 

弟だけじゃない、私だって病人だ。

ただ、文章を書くことが救ってくれたから、これは続けていく。

弟のほうが良い人間だ。私は最低の人間だ。

 

これも狙って書いてるかもしれない、最早古狸みたいで、私はどんどん上手くならざるを得ない状況に陥ってるだけの話だ。

 

全然、偉くもなければ健康でもない。薬は減らないし嫌われ者だし、人を疑うし。

 

それでも「ありがとう」と言われることを人間は皆したい。そうして認められたい。

承認欲求だ。私の善意は承認欲求。

 

偽善者を語るわけじゃない。それなりに嫌われてる。

ただこうありたいと願う人間になれるように努力するだけ。そうすれば家族が喜ぶから。

 

私自身はゾンビみたいなもんだ。前に作品でも書いたように、ゾンビ。生きてるゾンビ。

 

ただ居ても良いよと言ってくれる人がいるから、生きていられる。

そのことは本当に、恵まれていることだと思う。

 

ただ、辛い生き方はしたくない。それだけです。